SBI証券の顧客資金流出の理由はなぜ?犯人は一体誰?

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

インターネット証券であるSBI証券が9月16日に顧客の6口座から約9864万円が流出したと発表され話題になっています。

ここ最近、電子決済サービスでの銀行預金の流出が相次ぎ、恐ろしい世の中になってきました。

 

一体なぜ、SBI証券の顧客資金が流出したのか?

犯人は単独のハッカーか、組織的なものなのでしょうか。

現在分かっている範囲をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

SBI証券の顧客資金流出

インターネット証券のSBI証券は16日、顧客の6口座から約9864万円が流出したと発表した。第三者が証券口座に不正にログインし、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に作った偽の銀行口座に送金・出金したという。SBI証券は全額を補償する方針。複数の電子決済サービスで銀行預金の流出が相次ぐなか、改めてセキュリティー体制が問われることになりそうだ。

(引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63905840W0A910C2EE9000/?n_cid=SNSTW001)

 

今回のSBI証券の顧客資金流出は顧客6人の6口座から流出したとニュースになっています。

出金先は、

  • ゆうちょ銀の偽口座あてに5口座
  • 三菱UFJ銀が1口座

と言われています。

 

尚、SBI証券は流出分を全額補償する方針とのことです。

顧客から「身に覚えのない取引がある」と通報があり判明した。同社は資金流出先の銀行と協議しながら、流出分を全額補償する方針だ。既に全顧客に対してセキュリティー対策を講じたとしている。

(引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63905840W0A910C2EE9000/?n_cid=SNSTW001)

 

 

SBI証券の顧客資金流出の理由はなぜ?

今回の顧客資金流出は、第三者が証券口座に不正にログインしゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に作った偽の銀行口座に送金・出金したということです。

 

また、不正ログインは2つのセキュリティが突破されたとされています。

今回の不正流出では主に2つのセキュリティーが突破された。まずSBI証券の口座が不正にログインされ、第三者が株取引や出金などができる状態になり、口座名義などの個人情報も流出した。次にゆうちょ銀と三菱UFJ銀で同名義の銀行口座が偽造された。本人確認書類が偽造されるなどして口座が開設された可能性がある。

(引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63905840W0A910C2EE9000/?n_cid=SNSTW001)

 

不正流出の流れとしては、

  1. SBI証券の口座が不正にログイン
  2. 第三者が株取引や出金などができる状態となった
  3. 口座名義などの個人情報も流出
  4. ゆうちょ銀と三菱UFJ銀で同名義の銀行口座が偽造された
  5. 本人確認書類が偽造されるなどして口座が開設された可能性

となっていたようです。

 

SBI証券の顧客資金流出の犯人は一体誰?

今回の不正流出を行った犯人は分かっていません。

ちなみに過去に仮想通貨のCoincheckはハッキングを受けたことがあり、外部からのハッキングで580億円相当の仮想通貨ネムが盗難されたことがありますが、犯人は特定できていないままのようです。

 

しかし、今回の件はSBI証券から資金が流出し偽口座作ってお金動かしたので、どこから誰がやっているか犯人の行動はすぐに突き止められそうに思うのですが、そんな簡単な話ではないのでしょうか?

個人ではなく、大きな組織的犯行という可能性もあります。

 

 

世間の声

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pizza69をフォローする
「なんか気になる」ネタブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました