雪花ラミィの前世・中の人(中身)が特定?顔バレ・炎上や絵師まとめ

スポンサーリンク
Vtuber
スポンサーリンク

ホロライブに所属するライバー、ホロライブ五期生としてデビューをした雪花ラミィ。

そのかわいらしい姿から人気が高く、清楚キャラで真面目な面を持ちながら、少し世間知らず抜けた面もあり、ファンからとても愛されています。

 

今回はそんな雪花ラミィのについて、前世・中の人(中身)や顔バレ・炎上情報から絵師さんについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

雪花ラミィのプロフィール

名前 雪花 ラミィ(ゆきはな らみぃ)
生年月日 1810年11月15日
年齢 210歳(人間換算21歳)
身長 158cm
好きなもの 辛いもの・つらら
嫌いなもの 計算・暗記

 

雪花ラミィはVTuber事務所「ホロライブプロダクション」所属のVtuberであり、2020年8月6日にデビューをしました。

配信活動日は2020年8月12日。

公式プロフィール文:

ホロライブ所属。 人里離れた白銀の大地に住む、雪の一族の令嬢。 ホロライブの笑顔や彩りあふれる配信に心を打たれ、 お供のだいふくと共に家を飛び出した。 真面目だが世間知らずで抜けたところがある。

(引用:https://www.youtube.com/channel/UCFKOVgVbGmX65RxO3EtH3iw/about)

 

雪花ラミィは初配信時から高い注目を集め、同時接続数(同時視聴者数)10万人超えを達成しさらに話題を集めました。

彼女は雪の一族の令嬢であり、「ユニーリア」という雪国生まれのお嬢様でありながら日本の伝統文化に理解が深く「いけばな4級師範」「書道七段」という経歴を持っています。

ドロライブの中では屈指のお嬢様キャラで「~です」「~ます」調の言葉遣いが特徴です。

 

また、お供には白い雪の精「だいふく」がおり、喋ることはできずとも意思疎通は可能となっています。

 

だいふくは雪国のお供なのにとっても寒がり。

その可愛らしい姿から視聴者の人気も高いです。

 

雪花ラミィの前世・中の人(中身)が特定?

 

Vtuberがデビューした際、決まって気になるのが前世・中の人(中身)となります。

雪花ラミィの前世は過去にIRIAMで活動していた「神楽美桜」と言われています。

 

根拠としては、

  1. 神楽美桜の引退と雪花ラミィのデビューの時期が重なっている
  2. 2人の声が酷似している
  3. 特技が共通している

という3つがあります。

一つずつ見ていきましょう。

 

根拠①「神楽美桜の引退と雪花ラミィのデビューの時期が重なっている」

神楽美桜は2019年4月24日にIRIAM6期生ライバーとしてデビューしています。

 

一部のファンで熱狂的な人気を誇りながらも神楽美桜は2020年3月31日に引退をしており、現在はYoutubeチャンネル・ツイッターなどすべて削除されています。

 

そして同じ時期の2020年3月にホロライブ公式HPより、ホロライブは2020年3月に新メンバーのオーディションを行いました。

恐らくはこのオーディションでホロライブ五期生が選ばれたと言われています。

そう、ホロライブ五期生と言えば「雪花ラミィ」ですね。

 

それに加え、ホロライブ2020年3月の新メンバーのオーディションでは参加条件として「配信やイラストなどの経験があること」がありました。

つまり、配信経験がある人物が参加条件と言っても過言ではないので、そういった点も新人オーディションを受けた人々は元Vtuberであることが分かります。

 

根拠②「2人の声が酷似している」

現在、神楽美桜はYoutuberチャンネル・ツイッターを削除しているため声を確認することができませんが、ファンの切り抜きなどで声を聞くことができます。

 

雪花ラミィと神楽美桜の声はとても酷似しているのです。

 

こちらが神楽美桜の声。

 

そしてこちらが雪花ラミィの声。

 

確かに、2人とも透き通った清楚な声質がとても似ていることが分かります。

声の共通点からしても、神楽美桜が雪花ラミィとして転生した可能性がグンと上がりますね。

 

根拠③「特技が共通している」

雪花ラミィは特技として、「いけばな4級師範」、「書道七段」があります。

 

実は神楽美桜も過去の配信で特技として「生け花」や「書道」が上手いという配信をしていたことがあります。

 

Vtuberとして、歌やダンスやゲームなどの特技はよく聞きますが、「書道」と「生け花」という特技はなかなか聞きませんよね。

そんな珍しい特技が共通していることから、やはり神楽美桜と雪花ラミィは同一人物である可能性が非常に高いと言えます。

 

その他の根拠

IRIAMの神楽美桜の同期メンバー「愛瀬ユリア」が雪花ラミィ初配信直後に意味深なツイートを投稿としていたことがあります。

 

同期が転生したことを少し寂しがりながらも、応援している姿勢にも見えますね。

 

他にも、雪花ラミィ初配信直後に神楽美桜のファンだったリスナーたちがとても好意的な反応を見せていたんだとか。

 

雪花ラミィは素顔バレしている?

 

とても可愛らしい容姿から、透き通った清楚な声を出す雪花ラミィの中の人の素顔がとても気になる方は多いのではないでしょうか?

というわけで、前世と言われる神楽美桜から雪花ラミィまで素顔について調べてみたのですが、どちらもそれらしい情報や画像は見当たりませんでした。

やはりVtuber自体が顔出しをしないで配信できるというメリットがあるので、安易に顔出しはしないと考えられます。

(仮に雪花ラミィの中の人が有名声優であれば話は別ですが。)

 

ただ、雪花ラミィは初配信から非常に注目度が高く、現在も人気が高いVtuberです。

今後、新たな情報などが出回るかもしれないので、顔などについて新たな情報が分かれば記事を追記していこうと思います。

 

雪花ラミィ炎上が多い?

 

雪花ラミィはVtuberとしてとても人気が高いだけあって、配信中によく炎上をしていることがあります。

 

炎上とは言っても、雪花ラミィ自体が何か不祥事や視聴者に嫌われるような内容はなく、あくまで愛された炎上です。(笑)

 

雪花ラミィの絵師(イラストレーター)は「リン⭐︎ユウ」

とても容姿が可愛らしい雪花ラミィですが、イラストを手がけた絵師さんは誰なのでしょうか?

 

調べてみたところ、絵師(イラストレーター)は「リン⭐︎ユウ」さんということが判明しました。

 

リン⭐︎ユウさんが描くイラストはどれも透明感のある可愛くて綺麗なものばかりで、多くのファンを魅了しています。

 

 

リン⭐︎ユウさんの主な経歴はこちら。

■ライトノベル挿絵:
『シュライン/レリーフ』(著:羽田ソラ/AxiaBridge)
『魔法塾 生涯777連敗の魔術師だった私がニート講師のおかげで飛躍できました。』(著:壱日千次/MF文庫J)
『欠けゆく都市の機械月姫』(著:永菜葉一/角川スニーカー文庫)

■イラストなど:
『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』一部イラスト担当(原作‎: ‎Magica Quartet/Aniplex)
『温泉むすめ』一部イラスト担当(エンバウンド)
『スターオーシャン:アナムネシス』一部イラスト担当(スクウェア・エニックス )
他、商業作品多数

(引用:https://jikuchusai.com/artist/rin7914/)

 

リン⭐︎ユウさんの本名・顔など詳しいプロフィールは公開されていませんでしたが、相当腕の立つイラストレーターさんということが分かります。

今後の新しい雪花ラミィなどのイラストも非常に楽しみですね。

 

まとめ

 

雪花ラミィのについて、前世・中の人(中身)や顔バレ・炎上情報から絵師さんについてまとめてきました。

前世として最も有力なのはIRIAMで活動していた「神楽美桜」となります。

 

また、絵師(イラストレーター)はリン⭐︎ユウさんと判明しています。

 

配信直後から注目度が高く、現在も人気が高い雪花ラミィの今後の活躍は乞うご期待ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Vtuber
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pizza69をフォローする
「なんか気になる」ネタブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました