ススキノ感染店リストの名前(店名)や場所は特定されてる?原因や理由は?

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

札幌市保健所が作成している、従業員やお客さんが新型コロナウイルスに感染した飲食店店舗リストが外部に流出したと話題になっています。

この一件でリストに名前が上がったキャバクラの店長などは「売り上げへの影響は計り知れない」と困惑をしているようで、今後の影響は計り知れないものがあるかもしれません。

 

今回、流出した内部資料には計27の飲食店の店舗名が記載されていたということですが、実際に店舗名は特定されているのでしょうか?

また、流出した原因や理由についても調査をしてみました。

 

スポンサーリンク

ススキノ感染店のリスト流出

札幌市保健所が作成している、新型コロナウイルス感染者が従業員や客に出るなどした中央区・ススキノ地区の飲食店の店舗名リストが、外部に流出していることが6日、分かった。リストは接待を伴う27飲食店の店舗名が記された内部資料。市幹部は流出の事実を認め、市が経緯を調べている。

(引用:Yahoo!ニュース

 

今回、流出した店舗名リストは店舗ごとに感染リスクの高さをハートマークで3段階表示していたとのこと。

  • レベル3「利用客及び従業員から陽性者が発生した店舗」に5店
  • レベル2「従業員から陽性者発生」などの9店
  • レベル1「従業員から陽性者が発生した店舗の系列」など13店

といった、計27店の名前が流出したということです。

 

もともと札幌市では、PCR検査の必要性を判断するためにリストを作成していたとのことですが、店舗名が流出したということで掲載店舗の関係者らは「どう責任を取るのか」と憤っているようです。

 

今回の一件に対してネット上では「内部告発か?」、「むしろ公表するべきだ」という声が多数上がっていました。

確かに難しい問題ではありますが、公開された店舗の売上は高い確率で落ち、経営へのダメージは計り知れないことは間違いありません。

 

ススキノ感染店リストの名前(店名)や場所は特定されてる?

 

今回のススキノ感染店リストの店舗名ですが、リストの一部はインターネットの掲示板などにも流出してるということです。

関係者によると、リストの一部はインターネットの掲示板などにも流出しており市は状況を調べている。

(引用:Yahoo!ニュース)

 

現段階では具体的な店舗名については分かっていません。

仮に分かったとしても、名誉棄損となりかねないので個人がネット上で公表するべきではありませんね。

 

また、情報提供などで協力してきた店舗からは、「信頼関係が崩れた。もう協力はできない」といった声も上がっているそうです。

この一件から市に対して協力する店舗が減っていくかもしれません。

今後店舗リスト流出に対し、市はどういった対応をとっていくのでしょうか。

 

ススキノ感染店リスト流出の原因や理由は?

今回の感染店リスト流出の原因や理由については詳しいことは分かっていません。

ただ、市幹部は流出の事実を認めた上で経緯について調べているとのことです。

 

また、流出した最初のデータは電子か紙か、詳しいことは分かっていないとのこと。

流出したリストは7月27日付で、店名と業態、住所や注意観察が必要な期間が記載されている。情報の分量はA4判用紙3枚分で、流出した最初の情報が電子データか紙の形かなど、詳しい状況は不明だ。

(引用:Yahoo!ニュース

 

ネット上では流出の理由として「内部告発」、「意図的」といった予想が多数上がっていますが、現段階では分かっていません。

新たな情報が分かり次第、記事を追記していきます。

 

世間の声

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pizza69をフォローする
「なんか気になる」ネタブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました