鬼滅の刃(きめつのやいば)脱税額はいくら?理由は何で逮捕はある?

スポンサーリンク
漫画・アニメ
スポンサーリンク

大人気漫画「鬼滅の刃」のアニメ製作会社「ユーフォーテーブル」と社長である近藤光さんが脱税容疑で東京地検に告発されたことが発覚しました。

脱税額はいくらなのか?

また、大人気アニメであったのに脱税をした理由から、逮捕はあるのかについてまとめていきます。

※今回の脱税はアニメ会社の事件であり、「鬼滅の刃」そのものは悪いことはしていないという点にご注意ください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃(きめつのやいば)脱税額はいくら?

人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃」の制作会社として知られる「ユーフォーテーブル」(東京)と同社の近藤光社長(50)が、東京国税局査察部から脱税容疑で東京地検に告発されたことがわかった。運営する飲食店の売り上げを少なく見せかけるなどして約4億4600万円の所得を隠し、計約1億4千万円を脱税した疑いが持たれている。

(引用:https://www.asahi.com/articles/ASN6330W4N62UTIL003.html)

 

ニュースサイトによると、約4億4600万円の所得の隠蔽から、合計約1億4千万円を脱税したとのことです。

製作会社「ユーフォーテーブル」は同社で手がけたアニメを題材としたカフェやレストランの飲食店を各地に展開し、2015年、17年、18年の各期3年間で計約4億4600万円分の売り上げを申告せず、法人税の約1億1千万円を脱税した疑いが持たれています。

また、申告しなかった内の消費税約2900万円を脱税した疑いとのことです。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)脱税の理由は?

なぜ、大人気アニメ「鬼滅の刃」を製作をしながら製作会社「ユーフォーテーブル」は脱税をしたのでしょうか。

脱税などせずとも、人気から分かるようにたくさんの収益はあったはずです。

社長である近藤光さんは今回の脱税についてコメントをしています。

「ファンをはじめ、関係者にご心配、ご迷惑をおかけすることについて誠に申し訳なく、心よりおわび申し上げる。国税当局の指導に従って修正申告を行い、全額納税した」

 

なぜ脱税したかという明確な理由についての言及はありませんでした。

 

ですが、基本的に脱税をする心理は「大金を稼ぐと急にお金が惜しくなる」ということが多いようです。

「脱税をしてもバレない」という悪魔の声が囁き、必死に頑張ってきて得たお金だからこそ水増ししたくなってしまう経営者は多いと言われています。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)脱税で逮捕はある?

脱税で逮捕される場合の条件として、

  1. 逃亡のおそれがある場合
  2. 証拠隠滅の恐れがある場合

などがあります。

 

今回の「ユーフォーテーブル」の脱税には逃亡のおそれはないので①は当てはまらないかと思います。

ただ、②の「証拠隠滅の恐れがある場合」について、

1.否認事件で関係者と口裏合わせをしている。

2.または、その恐れがある調査・捜査に非協力的である。

3.現金や証拠物を隠し値得る疑いをもたれたりしている。

(引用:脱税弁護.comより抜粋)

などがあります。

 

②には当てはまらないとしても、①と③は怪しいところでもあります。

今回の脱税発覚は近藤社長の自宅を家宅捜索したところ、金庫から現金約3億円が見つかったという話でもありますからね。

今後の調査にも寄ると思いますが、脱税で有罪と判断された場合は、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金という刑罰となっていしまいます。

 

世間の声

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画・アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pizza69をフォローする
「なんか気になる」ネタブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました