松岡充のコルベットの値段は?車種や出火(炎上)の原因は?動画画像付き

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

活動休止中の人気ロックバンドSOPHIAのボーカリスト「松岡充さん」の愛車が世田谷区で炎上したことがニュースになりました。

本人は無事だったということで何よりですが、今回炎上したコルベット(スポーツカー)には相当なお金が掛かっていたとのことでとてもショッキングな出来事だったかと思います。

 

車好きで知られる松岡充さんのコルベットの値段から、詳しい車種、出火原因や炎上した画像と動画をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

松岡充のコルベットが炎上

 

22日、東京・世田谷区の路上でロックバンド「SOPHIA」のボーカル、松岡充さんの運転するスポーツカーが燃える火事がありました。

22日午前10時半ごろ、世田谷区の千歳船橋駅近くの路上で「SOPHIA」のボーカル、松岡充さん(49)が運転するスポーツカーの「コルベット」から火が出て、火はおよそ40分後に消し止められました。松岡さんにけがはありませんでした。

松岡さんは1人で運転中に焦げた臭いに気づき車を降り、その後、車が炎上したということです。松岡さんは、「1968年式の車だった」と話しているということで、警視庁は車の不具合で出火したとみて調べています。

松岡さんは車好きとして知られ、燃えた「コルベット」も雑誌などで紹介されていました。

(引用:TBSNEWS

 

松岡充のコルベットの値段はいくら?

今回、残念ながら炎上をしてしまった松岡充さんの愛車コルベットですが、中古で大体500万円ほどの値段となります。

 

画像引用:https://www.goonet.com/usedcar/spread/goo/16/961020033009730894001.html

 

ただ、松岡充さんの場合は個人でコルベットをカスタムしていたとのことで、車自体に2000万円以上のお金を使っていたみたいです。

2000万円も掛けた車が燃えてしまうなんて、本人からしたら想像を絶するショックを受けたかと思います。。。

 

それでいて、コルベットは古い外車なので劣化もしやすく、維持費においても普通の国産車に比べてずっとコストが掛かるはずです。

 

松岡充のコルベットの車種は?

 

すでに車種はコルベットと公表されていますが、松岡充さんの愛車のより詳しい車種は「コルベットC3型アイアンバンパー」となります。

製造年は1968年となり、コルベットの中でもレアな車種となります。

 

ちなみにコルベットは初代のC1型(1954年)からC8型(2020年)までが製造されており、松岡充さんの車種はC3型です。

画像引用:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/16/961020033009730894001.html

 

画像を見ても、めちゃくちゃにカッコ良い車ですよね。

この松岡さんのコルベットはおぎやはぎの愛車遍歴でも紹介されていました。

おぎやはぎの愛車遍歴 動画  2020年5月23日 NO CAR,NO LIFE! 松岡充

 

動画を見ても、松岡充さんの車愛がとても伝わってきます。

というか久々に松岡充さんを見ました、かなりのイケメンですよね(笑)

 

松岡充のコルベットの出火(炎上)の原因は?動画画像付き

今回のコルベットの出火(炎上)原因についてですが、ニュース報道では「警視庁は車の不具合で出火したとみて調べています。」と記載されており、詳しい理由は分かっていません。

これから出火原因について調べていくかと思われます。

 

ただ、松岡充さんの乗っていたコルベットは製造年は1968年とかなり古いものであるので、普通の国産車に比べて劣化は早いと言えます。

それに加え、2000万円もかけてゴリゴリにカスタムをしており、純正ノーマル使用ではないのでそういった原因もあるのかもしれません。

 

こちらが炎上後のコルベットの画像です。

 

すべてが燃え尽きる前に鎮火をしているようなので、修理をすればまだ乗れそうではあります。

2000万円も掛けた車なので、修理をして乗り続ける可能性はありますが、修理費用もかなり高くつきそうですね。

 

 

こちらが燃えていたときの動画になりますが、本人に怪我はなく、火が回りに燃え移らなかったことを考えれば不幸中の幸いと言えます。

 

余談ではありますが、ニュースに移ったコルベットのナンバーは「727」と確認されており、この数字はファンクラブの創立記念日の数字です。

松岡充さんが普段からとてもファンを大事に思っていることが垣間見られたとも話題になっていました。

 

松岡充の愛車遍歴

 

  • 1990年 19歳 ホンダ ビガー
  • 1991年 20歳 日産 フィガロ
  • 1993年 22歳 日産 サニー
  • 1994年 23歳 トヨタ ハイエース
  • 1995年 24歳 マツダ サバンナ RX-7
  • 1997年 26歳 BMW M3 カブリオレ
  • 1998年 28歳 シボレー コルベット(C5型)
  • 2000年 30歳 スマート フォーツー カブリオ
  • 2002年 31歳 プリマス プロウラー
  • 2003年 32歳 キャデラック フリートウッド
    ジープ ラングラー
  • 2004年 32歳 ホンダ モビリオ スパイク
    33歳 シボレー コルベット(C3型)
  • 2005年 34歳 ジープ チェロキー
  • 2006年 35歳 ローバー ミニ ポールスミス
  • 2007年 36歳 BMW ミニ クラブマン
    トヨタ アルファード
  • 2010年 39歳 ローバー ミニ SEVEN’S BLUE号
    スマート
  • 2011年 40歳 トヨタ ランドクルーザー
  • 2013年 42歳 BMW 750Li
  • 2015年 44歳 日産 フーガ

(引用:https://www.bs4.jp/aisya_henreki/archive/onair/232/index.html)

 

まとめ

松岡充さんのコルベットの値段を紹介していきました。

乗っていた車は「コルベットC3型アイアンバンパー」で、現在中古で500万円前後。

松岡充さんはカスタムで2000万円ほどのお金を愛車に掛けていました。

今回の炎上はとてつもないショックだったに違いありません。

今後、修理を出してコルベットを復活させるかは分かりませんが、本人が無事だったことが何よりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
pizza69をフォローする
「なんか気になる」ネタブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました